ブログトップ

World of Freedom-自由の世界-

windofstar.exblog.jp

オンラインゲームラグナロクオンラインのファンサイトです。AGILK スイッチアサクロ 2極スナイパー 支援ハイプリなどの狩り日記とあまり役に立たない自作PC雑記のブログです

AMDCPUPC作成編。

ではでは区切っていってみましょう。

スペックは以下の通り。

CPU:PhenomII X4 940 Black Edition BOX
M/B:GA-MA780G-UD3H
G/B:AX4850 512MD3-PPH
HDD:WD6400AAKS-Y
OS:WindowsXPHome(DPS)
DVD:DVR-216DBK/MP
MEN:FSH800D2-K2G
電源:SF-600R14HE
ケース:M5 VJ2000BNS
CPUFAN:刀3

ではまず新製品の刀3の画像から。

b0109570_10221743.jpg


b0109570_1059098.jpg


2枚目は刀2になります。2より3のほうが、マザー周りへの冷却はよさそうです。

このクーラーは2の時にお世話になり、大変よく冷えるクーラーだったうえに、

取り付けもしやすく、とてもいいクーラーなので今回は3なのですが使ってみました。

ではまず組み立てにうつります。

まずはPCケースに電源を固定し、ケース内部を眺めます(ぉ)

大体どんな風になっているかこの時点で把握するんですが・・・

時には把握したりないことも・・・。

次は、マザーボードを取り出し、マザーボードにCPU・メモリーを取り付けます。

AMDのAM2+のソケットは初めてだったのですが、

CPUを置くあたりまでは全然一緒でしたが・・・・・・

固定するレバーを引く感じがまったく違います。

LGA775の場合、すごく硬く、マザーがしなってるくらいの力で押し付けて、

正直めちゃくちゃ毎回怖いんですが・・・・。

AM2+の今回の場合、少しちからいれると、CPUが少し動いて、

ストンと軽く固定できました。

次はCPUとメモリーをとりつけたマザーボードを、ケースに組み込みます。

そのまま、次はDVDとHDDを取り付ける・・のだが・・。

自分の不手際さがここで際立つ(

CPUクーラーが邪魔して、DVDがつけれない。。。。

仕方ないのでマザーボードを1回外し、つける事に。

HDDは無理なく収まり(一瞬設置する方向逆にしてましたが・・)

次は正直今回1番の罠かもしれない、PCIスロットにつけるボードの設置。

グラフィックボード事態は、難なく収まりました。

この頃のカードは大きいのでソレも考えて大きめのケースを用意したので。

しかーし。。。このケースの特徴である、ネジどめしなくても固定できるツールが地雷・・・。

5インチ 3・5インチベイはきっちりとまりましたが・・・。

PCI系は正直使い物になりませんでした・・・

レバーをひいて押し付けてもグラグラ・・・・OTL

これじゃ接触不良起こしちゃうぜ・・・。

当然、そのネジなしでとめるツールの外し方は書いてません(取り説)

けどまぁ何十分か苦労してようやく外す事ができ、グラボはネジでしっかり固定できました。

これが問題のネジ止めなしツール・・・。

b0109570_10383259.jpg



ココまで来ると、後は電源から使う分だけのコードをユニットに差込、

配線作業に。

配線作業で困ったのが2点・・・。

1点目、ケース付属の12センチファンならびに8センチファン(合計4つ)の

電源供給するケーブルが・・・、4ピン(電源直接)なのです。

これにより、電源ユニットから2本の4ピン電源を使わざるえなくなり、ケース内部の配線が

さらに難しく・・・。

2点目、これは気づくべきというかなんというか。

今回このケースはボトム電源ケースといい、ケース下部に電源を搭載するモデルです。

通常上部にあるので、心配ないのですが・・・

マザーボードにさす、12v4ピン補助電源のケーブルの長さが足りない!

という状況に、刺さるのですが、グラボに干渉しちゃいちょっと危ない・・・。

自分のPCもそういう状況になりかけましたがギリギリで回避できましたが

今回はそうも行きません。

なので急遽部品を買いに行くことに・・・。幸い地元の店にありましたのでなんとかなりましたが、

なければ大阪までいかなきゃなところでしたOTL

残りは綺麗に配線をしなおします。

結束バンドをつかってきっちりまとめてみましたが・・・。

うーんあまり綺麗じゃないなぁ・・・OTL

ケース事態広いのですが、あまり自由度がない感じはしました。

なんとかこのように配線もに落ち着き・・・。

b0109570_10394325.jpg


あとはOS・ドライバー・チップセットのインストールを無事クリアし

ウィンドーズUPデートも完了。

アンチウイルス(AVG8・0)に、RO(おぃ)も搭載し。

ここでファムからいわれてはじめて気づくCPUドライバーの存在。

そう、AMDにはCPUドライバーが存在します。

これをすっかりわすれており・・・ウィンドーズUPデートのあとに、

チップセット CPUドライバーなどを最新にし。

ついに完成。

と行きたいのですが、時間の都合上、500GちょっとのHDDフォーマットは

省略させていただきました。

HDDを100Gと残りでわけ、100GをCドライブにパーティションで区切り

時間の短縮をしております。

あまり時間もなかったので、ROでの動作テストと、各種温度計による温度だけの確認ですが、

BIOS読みでCPU温度が30度

システムでのCPUアイドル温度が37度(多少不可かけてました)

HDDが31度とおおむね良好。

残りのベンチマークはばっとんに帰宅後してもらいましょう(ぉ)

ROについても、特に問題もなく軽い感じで大丈夫そう!

とあいなって、完成。

こんな感じになりました。

b0109570_1046343.jpg


結構見た目はハデなケースになってます。

フロントには透明のブルーLEDがはいった12センチファン。

排気ファン(上部と背面)には赤のケースファン

サーマルテイクらしい色合いではないでしょうか。

あと追加で左パネルに12センチファンが2個つけれるので、

夏場温度が高いときは、1個つけるといいかもしれません。

あと分かりにくいのですが、電源も蒼LEDで光ってます(ぉ)

ではちょこっとまとめてみよう。

ボトム電源ケースのさいは、補助電源の延長ケーブルを買っとこう。

ケースの把握はもうちょっとしっかりしよう。あとで何かと配線が楽になるはず。

DVD HDDなどインチベイにつけるものはやっぱり先につけようOTL
(これは場合いにもよるやもしれません)

ネジなしツールはケースの値段によって出来がいまいちなのもある。

ネジ(手回しネジ)を少しかっておけばよかった。
(これで一部はドライバーナシでのメンテナンスが可能に)

これくらいかな?

長ったらしくなりましたが。これにてAMDCPUによるPC組み立てのレポートを終わります。

見てくれた人はありがとう!

また組み立てれる機会があるといいなぁ。
(自分のは当面・・・スペックUPとかするPCではないので・・・・)
[PR]
by windofstar | 2009-02-15 11:00 | 自作PC