ブログトップ

World of Freedom-自由の世界-

windofstar.exblog.jp

オンラインゲームラグナロクオンラインのファンサイトです。AGILK スイッチアサクロ 2極スナイパー 支援ハイプリなどの狩り日記とあまり役に立たない自作PC雑記のブログです

夏に備えて、水冷化してみた。その1

お久しぶりでございます。

最近暑くなってPCの熱もまた心配になりまして。

温度を測ってみたわけですが・・・。

室内温度は25度~26度です。

b0109570_0395967.jpg


アイドルで、50度超えてるんですよねぇ・・・。

CPUはCore2QuadQ9550で。省電力カットで常時2,83G駆動しているのですが。

ちなみに、ラグナロクをやると60度超えてしまい。ちょっとこれはまずい。

空冷のクーラーは、ZALMAN CNPS9700 LEDを使っていて、取り付け当初は、

40度台だったのですが~、最近暑くなって、PCケースのパネルを開けると、10度くらい温度が落ちたので・・・ケース内部の排熱が追いついていないんだという結論に。

CPUクーラーの周りに手を当ててみたのですが、サイドフロークーラーなので、前から吸って後ろから吐き出すのですが、
後ろに風がでるより、排熱フィンの周りに風が出ており、ケース横のサイドパネルに穴があいていれば、もっと冷えるのだろうなとおもうのですが、サイドパネルはアクリルなので^-。。。

よいCPUクーラーはないだろうかと思っていたところに・・・。

ファムの悪魔のささやきに。。。負けた(おぃ

2年くらい前から、水冷にしないか、とずっとささやかれつつも、本格水冷は資金が苦しく・・・
(見積もると4万~くらい。・・・)
しますのでどうしょも~とおもっていたのですが~。

こんないいものがあるじゃありませんか!

b0109570_0485184.jpg


これは、コルセアのCWCH50-1という水冷式CPUクーラーです。

これは、メーカー曰く、水冷のクーラント(精製水)が蒸発しにくい、ホースを開発した?とかで。

本来であれば、クーラントの補充などしないといけない水冷式クーラーなのですが、

このCWCH50-1は、メンテナンスフリーの水冷CPUクーラーなのです。

価格.comを見ていると、値段の割りに結構冷える、とか色々書いてあったり・・・。

COSMOS(当方のPCケース)に取り付けている写真もありましたので、このクーラーで初めての水冷を
してみようかな!と思ったので・・・。購入を決めた、のですが~。

これに付属している12センチFANは黒い・・・

LEDファンを使っている当方としては?黒いFAN?ぽいっ(クローゼットの倉庫行き)

なので、CPUクーラーは決まった!次はCPUクーラーのラジエターに・・・ちょっと補足説明しよう。

え?いらない?一応!

空冷と水冷の違いについて。(間違ってたらごめんなさい。)

空冷(一般的なクーラー)は、ケース外から吸い込んだ冷たい空気を、CPUクーラーについてる、

FANでCPUを冷やすクーラーのことです。

大体2方式ありますが、ここは割愛して。

利点としては、安い、取り付けが容易、(容易でないものもありますが)、水漏れがないなど
水冷と違い一般的なクーラーです(恐らく皆さんが使ってるのは空冷です)

水冷クーラーについて。

水冷とは、一般的に水枕とラジエターとホースが着いています。

今回の場合、CPUに水枕を設置し、ケースにラジエターをつけ(ラジエターにはFANを)冷やすシステムのことを、一般的に水冷式といいます。

水冷の冷やし方としては。水枕(今回のクーラーは水枕に水を循環させるポンプが内臓されています)

水枕(ポンプ)→ホースを伝い、ラジエターに水が循環し、CPUを冷やしたぬるくなった水を、

ラジエターに通し、水を冷やし、冷たい水を水枕に流し、循環させる感じ(だと思います、間違ってたら突っ込みくださ)

水冷の利点としては、空冷と違い、CPUを冷やしたぬるい風が、ケース内部に排出されず、

ケース内部温度を下げやすい点と(ラジエターにつけたファンがラジエターを冷やすので)

CPUクーラーがなくなるので、うるさい音源の元が1つ減ります。

デメリットとしては・・・

導入コストが高い。

知識が要る(水冷の)

1からのフィッティングなどと、色々あるのですが。

今回のCWCH50-1は、

導入コストが安く、(9980円で買いました)取り付けが容易。

と水冷初心者な私としては、うってつけの者なのです。(?

とと、話が飛びましたね、ラジエターに取り付けるファン選びに差し掛かったのですが、

当方過去のブログもですが、ケース蒼 ケース内部FANも蒼とそろえているので・・・

今回も蒼LEDのFANにすることに。

回転数が高いほうが冷えるけど・・・音うるさくなるし。困っていたところ、

ファムがTriCool 120mmを、進めてくれたのでFANはこれに決まり。

え?決めた理由?

蒼LEDで光るは前提として、回転数が1200 1600 2000回転とFAN付属のスイッチで

回転数をいじることが出来るので、涼しい時期は1200にして、暑い時期になれば回転数を1600.2000と

キャパシティがまだあるので、これを2個購入。

ちなみに・・・現地(私の場合大阪日本橋)に見に行ったのですが~・・・

11000円アンテックのケースファンは売ってない。。。

ツクモ電気がつぶれたのは痛かった・・・。

ので通販にしました(おぃ

ちょっと長いので記事を2個に分けます(おぃ
[PR]
by windofstar | 2010-05-18 00:05 | 自作PC