ブログトップ

World of Freedom-自由の世界-

windofstar.exblog.jp

オンラインゲームラグナロクオンラインのファンサイトです。AGILK スイッチアサクロ 2極スナイパー 支援ハイプリなどの狩り日記とあまり役に立たない自作PC雑記のブログです

カテゴリ:自作PC( 18 )

夏が来るに伴いPCの温度は非常に気になるところ。

自分の部屋が暑いので余計に・・・

そこで!HDDの再度冷却化対策!

以前はHDD用の小さいクーラーを、HDDマウントにつけておりましたが・・・

今回は8センチファンにかえました。

8センチを2個、1つはHDDマウントの中に。

もう2つは、以前のHDD用ファンを当てております。

以前の仕様は、前の記事にありますゆえ見てください(おぃ)

今回の特徴としては、まずHDD後部通機構に、8センチファンを排気する形で設置

b0109570_3154622.jpg


これでHDDの熱を排気する形にし、ボトムにある、12センチファンで熱を上にあげ、

熱を天井の12センチファンで排気する形に。

そして、CPUクーラーの向きを下吸気上排気の形へ

b0109570_3185042.jpg


これも下から上にあがる、熱の効果?というんだろうかなんていうかわからないが(汗)

で合理的?になったとおもいます。

あと改良点としては、ケース背面の12センチファンを分厚いものにしたことで

排気はよくなったかな、とおもいます

これにより、HDDが40度こえていたモノもありましたが、

概ね4台搭載で3~5度落ちて全部40度以下になりました。

次はCPUクーラーの交換などケースファンを取り替えて

ちょっとハデにしてみたいとおもいます。
[PR]
by windofstar | 2009-05-30 03:23 | 自作PC
はいはい。ROのネタよりPCネタが多い星風です。

ファムにとあるネタ小物を教えてもらい、一目ぼれして買ってしまったわけですが・・・。

そのUSBクロックなるものがこれです。ちなみにお値段は1980円+送料(笑)

b0109570_1404965.jpg


日本語のシールがこれ。

b0109570_1411757.jpg


ふむふむ・・・?これによると?

カラーバックライト内臓で

時間・日付・曜日・温度・2種のタイマー

タイマーはカウントタウンタイマーと定刻タイマー(アラーム音は8種類)

そのうえに、本体には・・・!USB2.0のハブが!4ポートも!

正直これは、ハブはイラネとかおもってたんですが、地味に便利・・・。

IPODや、デジカメのUSBケーブルをPCにつながなくても卓上でできるのがとても便利。

これは使える!

こちらが操作パネル。

b0109570_1452035.jpg


結構シンプルなパネルで操作は簡単でした。

では設置してみましょう。

1つめは、拡大写真

b0109570_14631100.jpg


ちょっとぼやけてますが、個人的にはカッコイイ!

結構スマートで見やすい時計だなぁと。

僕個人、デジタル時計あまりすきじゃないんですが、これはカッコいい。

次の写真は机周りの感じの一体感を。

b0109570_1481926.jpg


後ろの壁紙は白ですが、モニター・キーボード・マウスの色が黒で、イイ感じでマッチしてるかなと!

次は暗い状態での写真。

b0109570_1492829.jpg


おお?これは見やすい。暗いのにはっきり見える。

卓上時計は、意外とボタンを押したりしないと、明るくなったりしないんですが、

これは、常時ライトアップタイプなので暗いときもはっきりみえます。

かといって、明るすぎもしないので丁度いいとおもいます。

ただ・・ちょっと辛いのは、パネルにならんでいる、青色のランプ。

これは正直・・意味あるのか?とこ一時間問いただしたく・・・。。。。

最悪黒のテープでふさいでしまおうかと考え中。

総合的に大満足の一品でした、車のタコメーター風なのもGOOD。

予想外にUSBハブの使い勝手がよいですね、わざわざハブをおくと、景観を壊してしまいそうですが・・・。

USBクロックに内蔵されていて、とてもいいとおもいます。

こういう子小ネタな小物が好きな方にはとてもぴったりかと思います!
[PR]
by windofstar | 2009-02-27 01:59 | 自作PC
ではでは区切っていってみましょう。

スペックは以下の通り。

CPU:PhenomII X4 940 Black Edition BOX
M/B:GA-MA780G-UD3H
G/B:AX4850 512MD3-PPH
HDD:WD6400AAKS-Y
OS:WindowsXPHome(DPS)
DVD:DVR-216DBK/MP
MEN:FSH800D2-K2G
電源:SF-600R14HE
ケース:M5 VJ2000BNS
CPUFAN:刀3

ではまず新製品の刀3の画像から。

b0109570_10221743.jpg


b0109570_1059098.jpg


2枚目は刀2になります。2より3のほうが、マザー周りへの冷却はよさそうです。

このクーラーは2の時にお世話になり、大変よく冷えるクーラーだったうえに、

取り付けもしやすく、とてもいいクーラーなので今回は3なのですが使ってみました。

ではまず組み立てにうつります。

まずはPCケースに電源を固定し、ケース内部を眺めます(ぉ)

大体どんな風になっているかこの時点で把握するんですが・・・

時には把握したりないことも・・・。

次は、マザーボードを取り出し、マザーボードにCPU・メモリーを取り付けます。

AMDのAM2+のソケットは初めてだったのですが、

CPUを置くあたりまでは全然一緒でしたが・・・・・・

固定するレバーを引く感じがまったく違います。

LGA775の場合、すごく硬く、マザーがしなってるくらいの力で押し付けて、

正直めちゃくちゃ毎回怖いんですが・・・・。

AM2+の今回の場合、少しちからいれると、CPUが少し動いて、

ストンと軽く固定できました。

次はCPUとメモリーをとりつけたマザーボードを、ケースに組み込みます。

そのまま、次はDVDとHDDを取り付ける・・のだが・・。

自分の不手際さがここで際立つ(

CPUクーラーが邪魔して、DVDがつけれない。。。。

仕方ないのでマザーボードを1回外し、つける事に。

HDDは無理なく収まり(一瞬設置する方向逆にしてましたが・・)

次は正直今回1番の罠かもしれない、PCIスロットにつけるボードの設置。

グラフィックボード事態は、難なく収まりました。

この頃のカードは大きいのでソレも考えて大きめのケースを用意したので。

しかーし。。。このケースの特徴である、ネジどめしなくても固定できるツールが地雷・・・。

5インチ 3・5インチベイはきっちりとまりましたが・・・。

PCI系は正直使い物になりませんでした・・・

レバーをひいて押し付けてもグラグラ・・・・OTL

これじゃ接触不良起こしちゃうぜ・・・。

当然、そのネジなしでとめるツールの外し方は書いてません(取り説)

けどまぁ何十分か苦労してようやく外す事ができ、グラボはネジでしっかり固定できました。

これが問題のネジ止めなしツール・・・。

b0109570_10383259.jpg



ココまで来ると、後は電源から使う分だけのコードをユニットに差込、

配線作業に。

配線作業で困ったのが2点・・・。

1点目、ケース付属の12センチファンならびに8センチファン(合計4つ)の

電源供給するケーブルが・・・、4ピン(電源直接)なのです。

これにより、電源ユニットから2本の4ピン電源を使わざるえなくなり、ケース内部の配線が

さらに難しく・・・。

2点目、これは気づくべきというかなんというか。

今回このケースはボトム電源ケースといい、ケース下部に電源を搭載するモデルです。

通常上部にあるので、心配ないのですが・・・

マザーボードにさす、12v4ピン補助電源のケーブルの長さが足りない!

という状況に、刺さるのですが、グラボに干渉しちゃいちょっと危ない・・・。

自分のPCもそういう状況になりかけましたがギリギリで回避できましたが

今回はそうも行きません。

なので急遽部品を買いに行くことに・・・。幸い地元の店にありましたのでなんとかなりましたが、

なければ大阪までいかなきゃなところでしたOTL

残りは綺麗に配線をしなおします。

結束バンドをつかってきっちりまとめてみましたが・・・。

うーんあまり綺麗じゃないなぁ・・・OTL

ケース事態広いのですが、あまり自由度がない感じはしました。

なんとかこのように配線もに落ち着き・・・。

b0109570_10394325.jpg


あとはOS・ドライバー・チップセットのインストールを無事クリアし

ウィンドーズUPデートも完了。

アンチウイルス(AVG8・0)に、RO(おぃ)も搭載し。

ここでファムからいわれてはじめて気づくCPUドライバーの存在。

そう、AMDにはCPUドライバーが存在します。

これをすっかりわすれており・・・ウィンドーズUPデートのあとに、

チップセット CPUドライバーなどを最新にし。

ついに完成。

と行きたいのですが、時間の都合上、500GちょっとのHDDフォーマットは

省略させていただきました。

HDDを100Gと残りでわけ、100GをCドライブにパーティションで区切り

時間の短縮をしております。

あまり時間もなかったので、ROでの動作テストと、各種温度計による温度だけの確認ですが、

BIOS読みでCPU温度が30度

システムでのCPUアイドル温度が37度(多少不可かけてました)

HDDが31度とおおむね良好。

残りのベンチマークはばっとんに帰宅後してもらいましょう(ぉ)

ROについても、特に問題もなく軽い感じで大丈夫そう!

とあいなって、完成。

こんな感じになりました。

b0109570_1046343.jpg


結構見た目はハデなケースになってます。

フロントには透明のブルーLEDがはいった12センチファン。

排気ファン(上部と背面)には赤のケースファン

サーマルテイクらしい色合いではないでしょうか。

あと追加で左パネルに12センチファンが2個つけれるので、

夏場温度が高いときは、1個つけるといいかもしれません。

あと分かりにくいのですが、電源も蒼LEDで光ってます(ぉ)

ではちょこっとまとめてみよう。

ボトム電源ケースのさいは、補助電源の延長ケーブルを買っとこう。

ケースの把握はもうちょっとしっかりしよう。あとで何かと配線が楽になるはず。

DVD HDDなどインチベイにつけるものはやっぱり先につけようOTL
(これは場合いにもよるやもしれません)

ネジなしツールはケースの値段によって出来がいまいちなのもある。

ネジ(手回しネジ)を少しかっておけばよかった。
(これで一部はドライバーナシでのメンテナンスが可能に)

これくらいかな?

長ったらしくなりましたが。これにてAMDCPUによるPC組み立てのレポートを終わります。

見てくれた人はありがとう!

また組み立てれる機会があるといいなぁ。
(自分のは当面・・・スペックUPとかするPCではないので・・・・)
[PR]
by windofstar | 2009-02-15 11:00 | 自作PC
お久しぶりでございます。

結構間あきましたがなんとか生きている星であります。

さて今回は、ギルメンのばっとんのPCを作るというお話でございます。

事の発端は、ばっとんのPCが壊れた事にはじまります。

DELLのスリムタワータイプのPCなんですが・・

CPUクーラーのFANが壊れたらしく、PCを壊さないためのセイフティーが働き、

長時間起動できなくなった。とのこと。

話をしていたら、確か・・・ほっしー、組んでよ、見たいな話で進んでいて

実家が自分の家の近くといえば近くなのでそれも可能だなと、思い引き受けてみた(ぉ

最初は、インテルのコア2DUO8400または8500を使ってみるか、おもったものの

丁度いい時期に、AMDからPhenomII X4 940 Black Edition BOXが

でたじゃありませんか。

到来のPhenomと違って、45nmになり、熱量・消費電力が落ちたうえに

クロックが3.0Gに格段にあがり尚且つ実情販売価格26000円前後と

クアッドコアにしては大変手を出しやすい金額になっているので・・・・

思い切ってPhenomⅡで組んで見ることに!

本来予定していたスペックはこちら。

CPU:PhenomII X4 940 Black Edition BOX ¥26000
M/B:GA-MA780G-UD3H Rev1.0 ¥14000
MEN:UMAX DDR2 PC6400 2G×2 5k
G/B:RH4670-E512HD/DP/ZAL または4850へ。10~15k程度
OS: Windows XP Home Edition SP3 DSP版 (\14000)
DVD:バルクOrパッケージ5000円前後。
電源:スーパーフラワー電源600W(SF-600R14HE)\14000
ケース:現物で。
HDD:Western Digital Caviar SE16 WD6400AAKS (320GBプラッタ品)\6000
CPUFAN:刀2¥3000

電話なりで色々聞いた結果、当初はマザーボードがギガバイト社製の790Gチップ搭載の

マザーボードの予定でしたが・・・商品入れ替えの時期でもあり、品物がなく、UD3Hという

ココ最近でたミドルクラスのマザーボードになりました。

G/Bも、Gフォースの9800GTかまたはラディオン4830 4850を予定。


そして部品を買い揃えた結果。

確定スペックがこちら。

CPU:PhenomII X4 940 Black Edition BOX
M/B:GA-MA780G-UD3H
G/B:AX4850 512MD3-PPH
HDD:WD6400AAKS-Y
OS:WindowsXPHome(DPS)
DVD:DVR-216DBK/MP
MEN:FSH800D2-K2G
電源:SF-600R14HE
ケース:M5 VJ2000BNS
CPUFAN:刀3

変更点は、MEN HDD G/B CPUFANかな?

MENは正直俺が勘違いして合計2GにしちゃっただけなんですがOTL

HDDはWDの7200回転の640Gが安かったので変更。

G/Bも正直Gフォースと悩みましたが・・・。AMDCPUということもあり、HD4850へ。

あとATIのドライバーが、XPでも十分使えるようになったときいて、XPでの導入に。

CPUFANはこれまた調べていてでてきた新製品の刀3。

元々サイドフローのクーラーにしてはチップセット回りが冷えるよう考慮して作られてましたが、

今回は完全に形がかわり、より周りも冷やせるサイドフロークーラーになってました。

そしてケースは購入する時ばっとんに決めてもらおうとおもっていたので、

現地でThermaltakeのM5 VJ2000BNSに決まりました。

今回の予算が、PC本体だけで最初は10万以下でと言う事なので当初は9万ほどの

見積もりでしたが、後々から13万までいけるということなので、要所要所だけグレードを上げて

部品代だけで合計13万。実質購入金額が11万ほどでした(ポイントカードの割引)

では、少し長いので作成部分はパート2へでごらんください(ぉ
[PR]
by windofstar | 2009-02-15 10:19 | 自作PC
いやぁ・・・デジカメの写真撮影のサイズがでかすぎて遅くなりました

先のインテル45nmCPUキャンペーンでインテルオリジナルCOSMOSが当たり・・・

自宅に郵送されてきました。

まずは外見を。

右パネル
b0109570_16454188.jpg


左パネル
b0109570_16462126.jpg


おまけは箱。
b0109570_16465931.jpg


もろインテルロゴが・・・(笑)
その上・・・左パネルは・・・!オプション品であるはずのアクリルパネルが!!!

ではまず特徴の1つであるHDDケース。

b0109570_16482348.jpg


これにねじ止めをして・・・・下記のようになるんです。

b0109570_1649057.jpg


合計6台つめますけど、ひとまず3台。

あとこのケースHDDに直接風あたりませんので・・・
効果あるかどうかわかりませんが・・・こんなものを。

b0109570_16495492.jpg


元々はHDDにねじ止めして使うHDDクーラーですが。
これを、HDDケースに結束バンドで固定し。

b0109570_16503915.jpg


HDDに当たるようにセットしてみます。
多少は温度が下がった。が・・・改善の余地が・・・^^;

前の箱から全部部品を取り外し。移植させるものが・・・

マザーボード
グラフィックカード
サウンドカード
電源
HDD×3
DVDドライブ

これらを全部取り外し。
COSMOSへとりつけるわけですが・・・
このケースの中に紙がはいっており・・・

なんと・・・
マウントの螺子位置をあらかじめわかるという便利なものがありました。

おかげでマザーボードの取り付けはすぐ終わり。
箱がバカでっかいこともあり・・・ストレスなく部品を組み込んでいき・・・
完了・・・といきたかったんですが・・・

この図をみてもらうとわかるように・・・

b0109570_16544650.jpg


表から裏を通して配線するのですが・・・
裏(右パネル側)の隙間があまりにも少なく・・・
パネルがしまらないっ!!!なんてことになりまして・・・・。
しっく八苦しながら・・・右パネル側の配線整理しながら・・・
左パネル側も汚くならないように・・・。と1時間ほどかけて・・・
やーーーとパネルがしまるように・・・^^;

組んでみて思ったことが。

このケースドライバーレスすぎるだろう。と

ほとんどのねじ部分は、指で回せる類の螺子がついており。
ドライバーを使った部分はあまりなかったですね。

左右のパネルはケース後ろにあるレバーを押せば外れる仕組みですし。
あとアレですね。電源ユニットは是非ケーブル取り外し可能なものを使うといいかも。
電源がボトムなのと、電源設置した部分より前に、ボトム吸気ファンがあるので、
電源ケーブルが余ってそこに干渉するとエアフロー悪化しそうな感じがします。

あとは実際に見てみてでかすぎる。ってのはありましたが・・・

USB スイッチパネルが普通ケース下にあるものですが
上にあるのがかなり便利がよいですね。
USBケーブルとか意外と短いのが多いのでこれは嬉しい感じがしました

あとはケースが大きいこともあり、最新のグラフィックカード
たとえば・・・確かですよ?
Gフォース8000シリーズまでは・・・大きさが小さかったというか
どういえばいいかわかりませんが

Gフォース9000+GTXシリーズより小さかったのですが
Gフォース9000+GTXシリーズからカードサイズが大型になり、
箱によってはHDD部分などに干渉してしまうって話をちらほら聞いたことがありますが・・・
このケースならば心配なさそうです。

いろいろな場所で目にしますが、10年は使えるケースだと思います。
高いケースだけのことはあると思うが・・・ここまで思わせるケースは早々ないと思います。
流石クーラーマスターでしょうか。

実際問題、ケースに約30k円も出せるほど余裕ありませんし・・・
むしろ30kもケースにだせるなら他の部分のパーツ買ってそうですし・・・(苦笑

では最後に・・・アクリルパネルから見える中身を・・・。
b0109570_1753123.jpg


CPUクーラーがLED入っているのと、マザーボードに
各システムチェック可能なLEDがはいっていますので
やたらと光る感じです。

こんなものだろうか・・・。
組むのに夢中で写真の枚数が少なかったのと、
ピンボケに気づかなかった俺OTZ・・・
[PR]
by windofstar | 2008-10-27 17:20 | 自作PC
タイトルとおりですこんばんわ。

みくしにも書いたんだけど、パソコンいじったお!

元々の構成は・・・

OS:WindowsXP Professional SP2
CPU:Core2DUO E6600
M/B:GA-965P-DS3
MEN:Pulsar DCDDR2-4GB-800(2G×2枚)
HDD:320+300+250(WD マクスター 日立)
グラボ:ELSA GLADIAC 988 GTS 512MB
電源:S12 ENERGY+ SS-550HT
ケース:センチュリー CSI-3306SS
CPUクーラー:ANDY SAMURAIMASTER
ドライブ:BUFFALO DVSM-X1218FBS
サウンドカード::Sound Blaster X-Fi Xtreme Gamer SB-XFI- XG

これでFFのベンチを走らせると、8750ほどですかね。

で、ですね8月末に値下がりしたですね・・
コア2クアッド9550を買ったわけですよ。
マザーも965のなので買い替えで。
GA-EP45-DS5を購入
クーラーもZALMAN CNPS9700 LEDに付け替え。

あとはBIOSの設定でEISTとC1Eの項目をオフにして。
ちなみに、省電力機能の事です。
ディフォルトは負荷がかかっていないと、333×8.5(これで2.83G)
333×6の1.998G約2.0Gまでダウンクロックされ、電力消費を抑えるのですが・・・

んなの関係ねぇ!といわんばかりに常時2.83Gに。

知人に聞いたところ。ウィンドーズのタスクの判断でするのですが・・
判断が甘いということもあるそうで。常に100%の定格クロック駆動に(笑

これが今回のPCのベンチマークの結果。

b0109570_22324937.jpg


で、ですね。45nmCPUキャンペーン応募したら・・
当たってしまったんですヨネ
PCケースゲット!

このPCケースが着たらメインの中身をそっちの箱に移し変えて
今使ってる箱をセカンド用にし、組みなおす予定です。

セカンドのスペックが以下の通り。

CPU:コア2DUO E6600
M/B:GA-965P-DS3
MEN:PC5200-DDR2 1×1合計2G
HDD:80G1個(多分シーゲート?)
グラボ:玄人志向 GF7900GS
電源:オウルテックS12 550W
ドライブ:パラレルのDVDドライブ
クーラー:多分サムライマスターかリテール

メインの電源を、箱を移植する際に。エナーマックスインフィニティ720Wに換装予定。
もう増設できる余裕がねぇOTZ

あとは箱が届くのを待ってメインの電源を換装してセカンドをある部品で組みなおす感じでしょうか

まぁ結局追加で電源とグラボを買ったわけですが・・・(苦笑
グラボなんて今日とどきましt・・・(

次の更新は多分画像付きでお送りしますよ!
[PR]
by windofstar | 2008-09-05 22:06 | 自作PC
ごぶさたしとります。

いやぁ・・・PCがいろいろありまして・・・

1個目。ウイルスがはいる→駆除しきれず→面倒なので予備においといた未開封HDDを

設置 OS導入→OSインスト中にブルーバックエラー→理由HDDの初期不良→

ヨド○シカメラにて交換してもらい解決

その後ですよ、起動中CPUファンが浮いてしまい、PCが落ちる

HDD認識しなくなる、一時はマザー壊れたかと思ったたが・・・

花の指示でいろいろチェックすると復活。

がしかしHDD1個がフォーマットの仕方が違い認識システムでせず、

そのサルベージに3日かかりますた。

花、ふぁむ、りあ、いなすその他いろいろにはご迷惑おかけしましたが

多分?(現在進行形でバックアップ中)生き返ったと思います

バックアップとってフォーマットして様子みようかと思います。

OSのHDDも新しくなり、軽くなったので使いつついろいろまた戻して快適な

部屋の一部にしたいとおもいまs・・・(ry

さて、ハンターですが。

89になりDEX140(支援)で到達

やっとこれでAGIを85から90へあげられる。

ASPDもっとあげたいんですよねぇ・・・・。

INTが9なので手数が勝負のタイプ。

PCのバックアップ作業も終わればまたコツコツと。

そーそー。

ついにエベシが買えるまで貯金たまりますた!

ってことで見かけたら一声かけてくだs・・・・(ry
[PR]
by windofstar | 2007-11-15 03:03 | 自作PC
はてさて新しいパソコンを作りました。

今までつかってたPCが3年9ヶ月目になり、マザーボードの規格が

新しくなったのもあり、ちょっとフリーズも多く。ガタがきてた?のもあり。

僕個人、PC作るのが趣味みたいなものなので。

4ヶ月ちょっと貯金して18万貯めてなんとか新PCにいたりました。

前のPCのスペックですが。

CPU          Intel Pentium4 2.6GHz

グラフィックボード  NIVIDA GeForce 6600GT 256MB(バッファロ製

メモリー        バルク 512+256+256+1G

HDD         バルク 80G+160G+250G

箱電源        ヨド○シカメラにて激安だった電源内蔵450WのミドルATXケース

ディスクドライブ   DVDRAMまで焼けるドライブ(メーカーはバッファロ

ちまちま4年近く増設して作ったPCです。最初はもっとしょぼかった・・・

2ヶ月くらい前に、グラボ壊れて(ELSA製6600GT)同じのを買いにいったら

AGPでさせる6600GTはこれしかない、とかいわれて時代を感じた・・・・

そして新PCのスペックがこちら。

CPU Intel Core2DUOE6600 2.40GHz

グラフィックボード   NIVIDA GeForce7900GTX512MB
              GV-NX79X512DB-RH(ギガバイト製)

メモリー        バルク512×2(DDR2)

HDD          80G+250G(日立製バルク)

箱電源          箱    センチュリー製アルミ製12センチファン3つ搭載ミドルATX
              電源   オウルテック製550W電源。S12

ディスクドライブ    上記と同様。

マザーボード ギガバイト製GA-965P-DS3

といった構成に。

体感で完全に別世界でした。

本来はグラフィックボード

7900GTか7950GTをつける予定だったのですが。

7900GTXが定価7万5000円を5万5000円になっていたので

それだと7950GTと3000円も変わらなかったので

7900GTXをつけることに。

これが一番運がよかった、生産終了で在庫セールで最後の1個。

前のときは運がなかったから、ちょっと予想外でうれしかった。


追伸、仕事帰りに部品買いにいったのですが、PS3徹夜組が、発売日前日の夜7時前から

並んでおりました、ざっと50人~くらい。

さて、ROですが、相変わらず騎士団にこもり、エル稼ぎ。

今さっきレイドcがでた・・・が

なんでそっちなんだぁぁぁぁぁぁぁぁ!

せめてカリッツを・・・!

本音は馬だよおおおおおおおおおOTZ
[PR]
by windofstar | 2006-11-12 18:06 | 自作PC